熱風乾燥機HAD

技術仕様:

HADシリーズの熱風乾燥機は、非吸湿性のプラスチック顆粒の乾燥させるために設計されています。非吸湿性プラスチック材料は、顆粒の表面に水分を閉じ込めるポリマーであり、水分含有量は決して高くありません。 ただし、水分を含んだプラスチック材料の加工は、プロセスおよび製品の品質に重大な影響を与える可能性があります。熱風乾燥機のこれらのシリーズは、2つのカテゴリに分かれています。最初のカテゴリーには、機械のスロートに設置できる風量70〜200 m3 / hのHAD30〜HAD200シリーズがあります。2番目のカテゴリーには、床に設置可能な風量200〜1350 m3 / hのHAD300〜HAD2500があります。

  • ディフューザーコーンを備えたグラスファイバー断熱材付きステンレススチール製ホッパー
  • PIDアルゴリズムによるプロセス空気の加熱段階の電子制御。制御盤には、設定を入力してアラームを表示するためにマイクロプロセッサ、キーパッド、ディスプレイが装備
  • 毎日/毎週のタイマー
  • 単相/ 三相ホッパーローダーを設置できるヒンジ付きカバー
  • 断熱検査ドア(モデルHAD250から)

DAC–ターボDACシリーズ

技術仕様:

小型乾燥機DACシリーズは、小規模生産にて吸湿性ポリマーの乾燥に理想的なソリューションです。
このシリーズには、7種類のホッパーを装備したドライヤーのモデルがあり、2dm3から100dm3まで、処理量は最大50 Kg / hまで対応しています

  • キーボードとLDCディスプレイを備えたマイクロプロセッサ制御
  • モレキュラーシーブを備えたビルトインドライヤーユニット
  • 調整バルブで管理するプロセスエア
  • RS485 モデバスインターフェイス

アクセサリー:

  • ベンチュリフィーダー
  • 側面排気付きパイレックスまたはスチールベース(DAC6-50)
  • カラータッチスクリーン

DWシリーズ

技術仕様:

ローター技術を備えた樹脂乾燥機DWシリーズは、高い乾燥性能を発揮し、中規模生産で最大限の効率と汎用性を発揮します。DWモデルは、-25〜-50℃の一定の露点値を維持し、風量は50〜250 m3/hです。プロセス温度は150°Cまで設定可能です。50L〜800Lの幅広い容量の幅広い容量のホッパーを設置することができます。

  • LCDディスプレイを備えたマイクロプロセッサ制御
  • 生産需要に応じてインバーターで自動調整可能なエアフロー
  • プロセス最適化のための自己調整可能な露点制御
  • サイドチャンネルブロワー
  • PIDによるプロセス温度の電子制御
  • プロセス加熱制御用のソリッドステートリレー(SSR)
  • 毎日/毎週のタイマー
  • 設定した露点値に基づく再生温度の制御
  • RS485モデバスインターフェイス

アクセサリー:

  • アラーム付き露点計
  • カラータッチスクリーン操作パネル
  • 目詰まりしたフィルター用の圧力スイッチ

DWC重量管理シリーズ

技術仕様:

DWコンパクトモデルは、20〜280 mc / hの容量を持つローターテクノロジーを採用しており、オペレーターはホッパーと加工機の装填を管理できます。 洗練されたマイクロプロセッサ制御と減量?軽量化システムは、理想的なプロセスを保証しますが、カラータッチスクリーンは簡単なオペレーターインターフェイスを表しています。DWCシリーズは、電子光学分野や医療分野など、最も具体的なものを含むすべての除湿分野に最適なソリューションです。

  • マイクロプロセッサでの制御
  • タッチスクリーン操作パネル
  • インバーターによる気流の制御
  • ホッパーと加工機の統合供給
  • 標準/カスタマイズ可能な材料のデータベース
  • 計量システムによる材料レベルの制御
  • 材料の抗ストレス機能
  • プログラム可能な動作時間
  • モジュラーシステム
  • RS485 モデバスインターフェイス

アクセサリー:

  • 露点装置
  • DWC用ホッパーローダー
  • リモート制御用のマルチタッチDWC

D-DP 800-840ダブルタワーシリーズ

技術仕様:

Dシリーズの樹脂乾燥機はTWIN TOWERテクノロジーを備えており、600 m3 / hから1500 m3 / hまでのプロセスエアフローを提供し、露点は最高-50°Cであるため、生産のあらゆる要件を満たすことができます。 小規模および中規模の生産における吸湿性ポリマーの処理に最適です。

  • LCDディスプレイと簡単なプログラミングを備えたマイクロプロセッサ制御(材料はデータベースと消費/時間から選択できます)。
  • シングルまたはマルチホッパーを使用した構成
  • 温度の再生サイクルの制御
  • 顆粒の劣化を防ぐ自動シャットダウン
  • 冷却水の制御用自動バルブ
  • ソリッドステートリレー
  • 送風機とモレキュラーシーブを保護するためのフィルター
  • RS485 モデバスインターフェイス

アクセサリー:

  • 露点計
  • タッチスクリーン操作パネル
  • プロセスエアフロー制御
  • 安全な温度制御

モールドドライヤーDSHシリーズ

技術仕様:

金型除湿器DSHは、射出およびブロー成形プロセス中に金型上の凝縮液を除去するための、より革新的なソリューションです。 空気はローターによって乾燥され、露点は最大-10°Cになります。 気流速度は800〜3000 m3 / hです。 それらは、1台以上の加工機に適用できます。

  • マシンの動作を管理し、再生のPID制御で一定の露点を提供するマイクロプロセッサーによる制御
  • 「パネル」フィルターによるろ過、簡単にアクセスでき、清掃可能
  • 低温水7-10°Cを使用する熱交換器付き空気の予冷器。 凝縮水は、フロートを内蔵したポンプから排出されます。
  • 高効率ファンは高効率吸収ローターに空気を送り、温度が最大45°C、湿度が最大90%の熱帯気候条件でも安定したプロセスを保証します。
  • 出口パイプの空気の温度を下げるには、アフタークーラーを取り付けることができます
  • RS485 モデバスインターフェイス