プラスチックリサイクルシステム

Gamma Meccanica SpAは、プラスチック材料再生の技術ラインの製造を専門とするイタリアの会社です。

プラスチックリサイクルのためのカスタマイズソリューション

どのプラントもカスタム設計されており、最高のパフォーマンスを発揮し、最高品質のペレットまたは最終製品を生み出すように作られています。

Gamma Meccanicaラインは、高レベルの自動化、最高品質のリサイクル製品(ペレット)、そして改善された省エネを特徴としています。

主な材料

Gamma Meccanica SpAシステムがリサイクルできる主な材料には、LLDPE、HDPE、LDPE、HMWPE、EVA、PP、BOPP、OPP、PS、EPS、XPS、ABS、PC、PET、PA、TPU、TPE、BIO-POLYMERS、等々。

GMプラスチックリサイクルラインの主な種類

従来のライン

COMPACライン

TANDEMライン

– 低容積密度の材料を高い残留湿気でリサイクルおよび配合するためのCOMPACライン

– 高い残留湿気の印刷された高汚染および熱可塑性材料のリサイクルのためのTANDEMライン

– 加工前にサイズ調整または粉砕されたプラスチックのリサイクルのための従来のライン

プラスチックリサイクルのためのGMペレタイジングシステムの主な種類

水中ペレタイザーTIは、従来のシステムでは処理できない高MFI(PET、ナイロンなど)や低粘度のプラスチック材料の造粒を可能にします。
ウォーターリングペレタイザーTDAは、迅速な開始/停止シーケンスと迅速な材料交換を可能にしたプラスチックリサイクルの従来のシステムです。ほとんどのプラスチック材料のラインに取り付けることができます。

COMPACリサイクルライン

優れた効率、生産性、省エネ

COMPACリサイクルシステムは、プラスチックリサイクル市場で最も先進的な技術です。

COMPACラインは非常に柔軟性があり、さまざまな形状のほとんどのタイプのプラスチックをリサイクルすることができます:フィルム、粉砕および緻密化された材料、ロール。

カッター・コンパクターは、押出機で処理された材料を 細断します。この段階では、材料は予熱および圧縮され、押出し段階に適したものにし、印刷された湿った材料の処理を可能にします。材料の密度を高めることはまた押出機を通る安定した流れをつくります。

このシステムは、材料を供給する際の柔軟性が特徴です。より高い容積密度のリグラインド材料のために、コンベヤーベルト、ロールフィーダーおよび投入ユニットを使用できます。

COMPACリサイクルラインは、必要なプラスチック材料の生産量に応じて、いくつかのモデルで利用可能です。

PETリサイクルライン

このタイプのラインは、PETリサイクル用に特別に設計されています。

PETラインは、通常コンベヤーベルト、カッター・コンパクター、押出機、スクリーンチェンジャー、水中ペレタイザーTIで構成されています。

この場合の再生で最も重要な側面は、固有粘度値の低下を制限する必要性です。この値によって、材料の機械パフォーマンスが決まります。

Gamma Meccanica SpAのラインは、固有粘度値 の低下を制限する材料の処理を可能にし、またPA再生のために設計されています。

PETリサイクルラインは、生産能力に基づいてさまざまなモデルで利用できます。

COMPAC PETラインの生産能力


ライン生産能力(Kg / h)*
GM5050÷180
GM65150÷300
GM90250÷510
GM105400÷710
GM125600÷1000
GM160900÷1450
GM180 1500÷2100
GM2102000÷2800


*生産能力は、材料の密度、汚染度、印刷の割合、湿度の割合によって異なります。

リサイクルライン:生分解性プラスチック

生分解性プラスチックのリサイクル:バイオプラスチックのリサイクルライン

バイオポリマーのリサイクルのためのGMライン

Gamma Meccanicaは90年代初頭から生分解性材料を製造する会社との共同研究を始めました。業界の専門家の経験とコラボレーションを利用して、Gamma Meccanicaはバイオポリマー用の高度なリサイクルプラントを製造することができました。

主に包装分野で使用されているPLAリサイクルの経験により、弊社は生分解性プラスチックの回収におけるリーダーとなり、顧客の要求を完全に満たす優れた結果を得ることができました。

GMタンデムライン - 熱可塑性プラスチック材料のリサイクル

印刷された湿気を含む汚染された材料のリサイクル

印刷/汚染/高湿度のプラスチック材料のリサイクルに適用されるタンデム技術は、材料の再押出を予測する従来のリサイクルシステムと比較して、省エネルギーと共に優れた品質のペレットを作ることを保証します。

ラインは、「タンデム」に配置されるCOMPACシステムと2台の押出機で構成されています。

印刷された熱可塑性プラスチック材料のリサイクルに対するプラントの有効性は、革新的で特許取得済みの脱気システムによって保証されています。ここで真空にさらされる材料の表面は、通常の押出機でさらされるよりも10倍大きく、大量のガスと汚染物質の抽出を保証します。

タンデムラインの重要な利点は、高汚染された材料のリサイクルのために二重ろ過をすることができるということです。

2つのスクリーンチェンジャーを接続することができます。1つはより大きなサイズの汚染粒子を放出する最初の押出機の後、もう1つはより精密なろ過をするために二次的押出機の後に接続できます。

切断システムはリサイクルラインの最後に設置されています。

プラスチックリサイクルのための従来ラインAF

プラスチックリサイクルとペレタイジングの信頼性と経験

従来の再生ラインは、造粒機の使用を見越したプラスチックのリサイクルに理想的です。それはまた貯蔵のサイロ、かたい粉末材料、フィルムおよび泡のフレークのための単一または二重オーガー構成を完備したフォースフィードシステムを装備できます。このタイプのラインは、生産能力に応じて異なったモデルで利用できます。

すべてのラインは、顧客の要求を満たすために構造を追加して、カスタマイズすることができます。

ラインの標準的な構成:

  • フォースフィーダ
  • 押出機
  • フィルタ
  • ウォーターリングペレタイザーTDAまたは水中ペレタイザーTI。

従来のラインAFの生産能力


ライン生産能力 (Kg/h)*エネルギー消費量 (kWh/kg)
GM6550÷1800.23÷0.28
GM90150÷3000.23÷0.28
GM105250÷5100.23÷0.28
GM125400÷7100.23÷0.28
GM160600÷10000.23÷0.28
GM180900÷14500.23÷0.28
GM210 1500÷21000.23÷0.28


* 能力はLDPE(造粒機を除く)より参照。材料の密度、汚染度、印刷および湿度の割合によって異なります。

プラスチックリサイクル用ペレタイジングシステム

ペレタイジングシステム

ペレタイジングすることで、リサイクルプロセスが完了します。これはプラントの最後の部分です。リサイクルされた材料は「スパゲッティ」の形状でダイプレートから出てきて、一連の回転するブレードによって小さなシリンダーに切断され、水で冷却されてから遠心分離機で乾かされます。この段階で、材料はペレット状になります。Gamma Meccanica S.p.A.は2種類:TI(水中ペレタイザー)とTDA(ウォーターリングペレタイザー)のペレタイジングシステムを提供しています。

ウォーターリングペレタイザーTDA

TDAウォーターリングペレタイザーは、以前のモデルと比べ、よりスムーズで早い生産開始と切り替えを可能にます。それはほとんどのプラスチック(PE、PP、PS、ABS、MASTER、COMPOUNDINGなど)をリサイクルするのに適した、大規模生産能力までの標準的なラインに設置することができます。

TDAペレタイザーは、現在市場に出ている他の製造元の押出機の(すべてではないが)ほとんどのモデルと互換性があります。
TDAのペレタイザーは次のサイズで利用できます:2.0、3.4、4.0、5.0、6.0。


タイプ最大容量*kg / h
TDA 2.0170
TDA 3.4350
TDA 4.0700
TDA 5.01200
TDA 6.02200


* 最大能力はPEより参照

水中ペレタイザーTI

プラスチック材料処理における新しい開発のおかげで、Gamma Meccanicaは、水中のペレタイザーを作りました。これは、従来のシステムで処理できない高MFI(PET、ナイロンなど)と低粘度のプラスチック材料の造粒を可能にします。次のプラスチック材料に適しています:PE、PP、PS、ABS、MASTER、COMPOUNDING、PET、PA、TPU、TPE、SAN、SBS、SEBS、PBT、PLA、高MFI PP。
切断プロセスは、ダイが完全に水中にある状態(水に浸した状態)で行われるため、材料は切断に必要な整合性をとることができます。
機械の個々の細部は高い信頼性を保証する高品質材料からできています。
水中ペレタイザーは、生産能力に応じて、TI 2.3、TI 4.5、およびTI 5.6のサイズで提供されています。


TypeCapacity up to kg/h*
TI 2.3500
TI 4.51200
TI 5.62800


* 最大能力はPET加工より参照

ニュースレター登録