小規模生産 1時間あたり~5,000個

MINIVALDOSE

Minivaldoseは1回使い切りプラスチック容器の熱成形、充填、シール専用の全自動装置です。機械はコンパクトな設計であり、小ロット生産に適したシンプルな機械で、優れたコストパフォーマンス性が信頼にむすびついています。メンテナンスや調節が容易であり、G.M.Pガイドラインに従って設計されています。


特徴

液体、粘液、クリーム、ジェルや粉体の充填。容器の両側面の絵柄調整 (フィルムは前もって印刷されたもの)。平底(スタンドアップタイプ)の容器の製造。2種類のフィルムを同時に使用可能。使用時に2つの内容物が混合するような充填も可能。



寸法長さ2753 mm x 幅790 mm x 高さ2063 mm
機械重量800 Kg
製造サイクル毎分30サイクル
充填容量0.5 ml から 125 ml
成形フィルムPET+EVOH+PE、PET+PE、PP+PE、PP+EVOH+PE、PVC+PE、PS+PE、アルミ+紙+PE、BAREX、COC
ピッチ56.2 mm
フィルムの厚み最大500 µm
フィルムの幅モノロール=最小75mm – 最大250mm
フィルムの幅ダブルロール=最小75mm – 最大125mm
フィルムロールの外径550mm
フィルムロールの内径70から76mm
 *サイクル数は内容物の粘度や形状、フィルムの種類に左右されます



中規模生産 1時間あたり~7,500個

V 75

化学、製薬、ペット用品、化粧品、食品産業が主な適用分野です。V 75によって製造されるバイアルおよび1回使い切り容器の充填容量は、0.25〜200ml。このValmatic FFSマシンモデルの主な利点は多種多様ですが、モールドピッチが75mmであるため、容量の少ない1回使い切り容器(1ml)だけでなく、農業分野などで使用されるような、容量の多い1回使い切り容器(50〜100ml)の製造にも適しています。

 

巻き戻し機には、平底(スタンディング)型の1回使い切り容器のモノロール、アルミ有/無の剥離タイプ使い切り容器製造用のダブルロールがあります。モールド領域には、容器のシーリング制御機能があり、交換可能な切断装置を使用すると、複数容器が連結された形状やデザイン成形された容器を製造出来ます。V 75は、巻き戻し機の前に設置する1色のプリンターであるValmaticのサーマルプリンター V100と結合できます。V100を使用すると外部印刷サービスが不要となり、無駄を省けます。


 



タイププラスチックフィルム製の1回使い切り容器の自動熱成形、充填およびシール機
適用分野化学薬品、医薬品、ペット用品、化粧品および食品分野
寸法長さ3.796 mm x幅1.528 mm x高さ2.034 mm
機械重量900 kg
製造サイクル毎分30サイクル
充填容量0.25ml から 200 ml
成形フィルムPET / EVOH / PE、ACLAR / PET / PE、PS / PE、PP / PE、PCTFE / PET / PE / EVOH 、 PET / EVOH / PE、PVC / PE、PET / PE、PVC / PVDC / PE、PP / COC / PP / PE、PP / COC / EVOH / PPおよびアルミニウムまたは紙と組み合わされた他の熱成形材料
ピッチ75 mm
稼働方法電気機械式および空気圧式
モーションコントロールシステム空気圧/ PROFINETモジュール
採用素材ステンレス鋼AISI 304 + ERGAL 55
必要なオペレーター人数1名
出力8 KW
空気消費量150 nl /分
冷却水使用量15 l /分
水圧2気圧
気圧6気圧



大規模生産 1時間あたり~15,000個

VAL 175

VAL175は熱成形タイプのプラスチック積層板製使い切り容器製造用熱成形機/充填機です。
VALMATICの全ての経験がVAL175に集結しており、0.2mlから300mlまで幅広い充填量に対応できます。
充填量ごとに充填機を変更する必要がありません。

 

また使用方法やクリーニングが容易な分、作業の効率が高いです。
化粧品・化学製品・医薬品・食品等の充填に使用されています。

 

中・大型ロットの生産に対応しており、様々な厚さのプラスチックフィルムを使用した平底(スタンディング)タイプやアルミ有/無の剥離可能なタイプの使い切り容器の製造が可能です。

 

15インチタッチパネルを搭載しているのでリモートコントロールも容易です。
容器の成形条件の変更がスピディーに出来、お客様の用途やニーズにお応えします。
VAL175はG.M.Pガイドラインに従って設計されています。

タイプ スタンドアップ式 熱成形機・充填機
適用分野 化学製品・医薬品・化粧品・食品
寸法 長さ5880 mm x 幅2320mm x 高さ1730mm (カートなし幅:1460mm)
機械重量 1,850 kg
製造サイクル 毎分30サイクル
充填容量 0.2ml から 300 ml
成形フィルム PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリエチレン, PET/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリ塩化ビニリデン(PVDC)/ポリエチレン, PET/EVOH/ポリエチレン, PP/PET/EVOH/ポリエチレン, BAREX/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/SARANEX/PE, ACLAR/PET/PE, PS/PE, PP/PE, PP/COC/PP/BAREX, PCTFE/PET/PE/EVOH/PE, PP/COC/PP, PP/COC/PP/PE,積層樹脂+アルミ+紙
ピッチ 175 mm
稼働方法 機械式 空気圧式
モーションコントロールシステム PROFINET通信モジュール/空気圧式
採用素材 ステンレス鋼AISI304 製+アルミ系素材「エルガル55」+アンチコロダル・アルミニウム製
必要なオペレーター人数 1名
出力 25 KW
空気消費量 600nL/分
冷却水使用量 25L/分
冷却水圧 2気圧
空気圧 7気圧

超大規模生産 1時間あたり~20,000個以上

VT 240

VT240はG.M.Pガイドラインに従って設計された充填・熱成形機です。プラスチック積層材とアルミニウムまたは特殊紙の熱成形使い切り容器の製造用の熱成形充填ラインです。製薬、化粧品、化学、食品が主な適用分野です。充填することが可能な製品は、液体、ゲル、クリーム、ジェル類、粉末です。片持ち梁構造をしているのでオペレーターの出入りやフォーマット変更、機械のクリーニングが容易に出来ます。
フィルムロールのストックスペースがあり、継続的なノンストップ運転にすることで、
今までフィルム交換時に発生したフィルムのロスをなくすことが出来ます。

また、自動的に容器に不活性ガスを送り込むことが出来ます。湿度コントロールシステムと機内環境のモニター監視を搭載しておいます。また、アメリカ食品医薬品(FDA)のCFR21パート11に従い設計されています。

寸法 長さ8210 mm x 幅2050mm x 高さ1670mm
機械重量 5,400 Kg (ダブルロールの場合)
製造サイクル 毎分 35サイクル
充填容量 0.2 ml~300 ml
成形フィルム BAREX/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/SARANEX/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリエチレン,PET/ポリエチレン, PVC(塩化ビニール樹脂)/ポリ塩化ビニリデン(PVDC)/ポリエチレン, PET/EVOH/ポリエチレン, ACLAR/PET/ポリエチレン, PS/ポリエチレン, PP/ポリエチレン、積層樹脂+アルミ+紙
最大フィルム幅 240mm
最大フィルム厚 500μm
フィルムの幅 最小120 mm – 最大400mm
フィルムの幅 500mm
フィルムロールの内径 70 から 76 mm

 

ニュースレター登録