仕組み

エコクリーンは、特殊な洗剤、ブラシ、およびインク除去装置を使用してフィルムに付着したインクを除去し、処理済み材料のリサイクル工程において、利益が出る程度の清浄度に戻します。

洗浄工程の説明

工程1

柔軟な素材のリールには「アンロールロール」という特殊なシャフトが装着されています。これにより、リールを直線的かつ滑らかに巻き戻すことができます。

工程2

材料の表面には、数回のサイクルで、特殊な洗剤が含浸されています(使用中の危険はありません)。 したがって、機械的に処理され、特別なクリーニングシステムでインクが表面から除去されます。 最終的なすすぎグループでは、仕上げと乾燥をします。

工程3

材料は再圧延され、リサイクルサイクルに送られます。

工程4

プロセスに使用した汚染された洗剤は、エコクリーンシステムからその再生プラントに移され、インクが除去されると、リサイクルされます。

処理可能な材料

  • エコクリーンは、すべての柔軟な印刷素材や、インクや接着剤によって表面が汚染されている素材の処理に適しています。
  • フィルムの最小厚さは、表面の機械的処理において、表面自体に変形や裂け目を生じることなく、材料の牽引力を保持しなければなりません。
  • 非常に弾性のある素材(素材の縦方向の牽引力で折り目ができる)は、折り目の内側の部分が処理されないため、表面が完全に洗浄されない可能性があります。
  • 最後に、不均一な表面(表面のエンボスまたはピンホール)のある材料は、洗浄品質が落ちる場合があります。
  • ブローでフィルムを使用する場合、ブラシと接触していない部分の印刷は除去されません。フィルム上にある凹部には完全に除去されない印刷部分と洗浄液の一部が残り、ベローズの内側に留まり、完全に洗浄できない可能性があります。

利点

時間とコストの節約

エコクリーンは、プラスチックフィルムの洗浄が企業のコスト削減になることを保証します。フィルムから印刷された「汚れた」部分を取り除き、透明/ニュートラルに近い色で「バージン」状態に戻すことができます。

このようにして、再生プラントでのフィルムのその後の処理により、優れた品質で、着色がなく、混合物などのない、新しい押出プロセスでの使用に適したペレットを得ることができます。

洗浄液の再生

洗剤液再生システムは、エコクリーンが提供するもう1つの利点です。 リサイクルシステムにより、汚染された洗剤から「清浄な」液体の一部を抽出することが可能になり、洗浄サイクルで再利用することができます。

通常「morchia」と呼ばれる汚染された洗剤の一部は、特別な廃棄施設に送らなければなりません。スラッジの割合は、処理されるインクの量に比例します。

エコクリーンは、すべてが追加費用なしで内部で再生されるため、本質的にリソースを無駄にすることなく、印刷されたプラスチックフィルムの洗浄を可能にします。