DM容積測定シリーズ

容積投与ユニット

技術仕様:

容積式投与ユニットDMシリーズは、マスターバッチ、添加剤、リグラインドの自動で正確な投与用に設計されています。

設計、応用技術、材料品質の相乗効果により、高い柔軟性が得られます。 射出成形機、ブロー成形機、押出機に設置できます。

  • 傾斜軸投与ユニット
  • ブラシレスモータードライブ
  • 投与ユニットに直接取り付けられたコントロールコンソールとLCDディスプレイ(オプションで遠隔操作可能)
  • スライドゲートを開くだけの自己学習型キャリブレーション
  • 材料を降ろすための下部スライドゲート
  • 最大2つの投与ユニットを設置可能な中央フランジ付きベース
  • スタティックミキサー付
  • RS485 モデバスインターフェイス

アクセサリー:

  • 塗装スチール製中央ホッパー
  • 静電容量式レベルセンサーとブザーで素材不足を知らせるアラーム
  • コントローラー遠隔操作キット
  • ブレード付きミキサー本体

重量計投与ユニットDG

重量計投与ユニットDG

技術仕様:

DGシリーズの重量計フィーダーは、マスターと添加剤を自動的かつ正確に投与するように設計されています。

DGシリーズは高精度の投与のおかげで、射出成形機、ブロー成形機、押出機に取り付けることができます。

DGシリーズは、適用するさまざまな投与シリンダーに応じて90g/hから18kg/hの処理量に対応することができ、簡単かつ迅速に交換できます。

減量制御により、成分の密度が変化しても完全な投与が可能となり、材料の不足がロードセルによって検出された時には、警告装置により信号が送られます。
USBポートを使いレシピをダウンロードしたり、外部記憶装置に計量のログをダウンロードすることができます。

2バージョンが利用可能

  • 材料を手動で搭載する基本バージョン
  • ベンチュリフィーダーによる材料の自動搭載を備えた高度なバージョン
  • 4インチのタッチスクリーンディスプレイは遠隔操作が可能
  • 材料を排出できる下部スライドゲート
  • 最大2ユニットを設置可能な中央フランジベース
  • モデバスインターフェイス
  • スタティックミキサー付
  • RS485コネクタ
  • USB接続
  • PCへの接続

減量振動チャネル投与

減量振動チャネル投与

技術仕様:

振動チャネルの減量DVMは、マスターバッチ、添加剤、プラスチック顆粒、フレークを自動的かつ正確に投与するように設計されています。 ユニットシステムは、以下の内容で構成されています。;塗装済みのスチール製支持フレーム、材料計量用のロードセルを備えた計量システム、電気モーターで作動する高精度の振動システム;モーターは振動をダクトに送り、製品に絶えず負荷をかけます。材料用の貯蔵ホッパー、空気圧スライドゲート、 このシステムは、計量ボードとカラータッチスクリーンオペレータインターフェースを備えたSiemens S7 300 PLCによって制御されます。異なる構成の2つのモデルがあります。100kg/hの容量に対応する100〜300mmの振動チャネルを備えた単一ステーションと100〜5000kg/hの容量に対応する50〜200mmの振動チャネルを備えた2〜5個のコンポーネントのマルチステーション。

 

減量フィーダーMF

減量フィーダー

技術仕様:

MFシリーズの減量フィーダーは、添加剤とマスターバッハの投与に適しています。 製品は手動またはスロットルバルブからホッパーに入ります。ロードセルを備えた計量システムは、重量の変化をリアルタイムで測定します。必要な処理量は、インバーター付きモーターで駆動されるスクリューの速度を変更することで得られます 機械は、Siemens PLCによって管理されており、1〜8個の投与ステーションを制御します。オペレータインターフェイスには5.7インチSiemensタッチスクリーンを搭載しています。プロフィバスまたはイーサネットインターフェイスが利用可能。

  • ステンレススチール構造
  • インバーター付きモーターでの制御
  • PLCシーメンスS7 200搭載の
  • 保護ボックスに設置されたロードセル
  • 調節可能な支持脚

SFシリーズ

減量フィーダー

技術仕様:

SFシリーズの減量フィーダーは、流動性の高い粉末の投与に適しています。製品は手動またはスロットルバルブからホッパーに入ります。落下中の問題を回避するために、内蔵ミキサーがスクリューの送りを助けます。ロードセルを備えた計量システムは、重量の変化をリアルタイムで測定します。必要な処理量は、インバーター付きモーターで駆動されるスクリューの速度を変更することで得られます 。機械は、Siemens PLCによって管理されており、1〜8個の投与ステーションを制御します。

  • ステンレススチール構造
  • インバーター付きギアモーターでの制御
  • PLCシーメンスS7 200搭載の制御ボード
  • ギアモーターで制御されるミキサー
  • 保護ボックスに設置されたロードセル
  • 調節可能な支持脚
  • スタティックミキサーを装備
  • 5.7インチ/シーメンスタッチスクリーン
  • プロフィバスまたはイーサネットインターフェイスが利用可能

DGBシリーズ

重力計ブレンダー

技術仕様:

プラスチック材料の多くの製造プロセスでは、重力式ブレンダーが極めて重要な役割を果たします。つまり、プロセスに流れる各成分の正確な割合を計量し調整します。

2〜4個の構成要素で異なる構成の3つの基本モデルがあります。

動作サイクルは完全に自動です。 タッチスクリーン付きのマイクロプロセッサ制御ユニットにより、オペレーターは材料の割合を簡単に設定できます。

この重力式ブレンダーは使いやすく、床や加工機に設置できます。特殊な空気圧式スライドゲートにより、最小投与量が0.5%になります。
各材料はホッパー内で計量されます。設定された重量に達すると、バッチはミキサーに流れ込み、すべての材料が混合されます。
  • 異なる構成で20〜720kg / hの処理量をカバーする2つのモデルにより、最大4つの異なる材料に対応。
  • セットアップ操作とレポートは、USBデバイスにダウンロード可能
  • ロードセルと4バッチの容量を備えたミキサー
  • 衝撃や振動が発生すると、負荷の異常を検出し、無視します
  • ミキサーの下の空気圧スライドゲート
  • 高速開閉スライドゲートを備えたステンレススチールホッパー(DGB140を除く)
  • ミキサーのロードセルは、材料レベルまたは機械の処理量を検知可能

アクセサリー:

  • カラータッチスクリーンオペレーターインターフェイス
  • モデバスインターフェイス
  • 固定ベース
  • 床支持ベース
  • レベル制御用の静電容量センサー

付加価値:

  • 高価な監視精度
  • 材料密度が変動した場合の自動調整
  • 自動再調整
  • 材料の割合の直接設定
  • 0.1%の高精度を保証する正確で信頼できる制御
  • 正確な混合動作を保証するミキサー

BDシリーズ

減量フィーダー

技術仕様:

BDシリーズの減量フィーダーは、非流動性および吸湿性の粉末の投与に適しています。製品は手動、またはスロットルバルブを通じてホッパーに入ります。内蔵ミキサーは、落下中の問題を回避するために、2軸スクリューを供給するのに役立ちます。ロードセルを備えた計量システムは、重量の変化をリアルタイムで測定します。必要な処理量は、インバーター付きモーターで駆動されるスクリューの速度を変更することで得られます。機械は、Siemens PLCによって管理されており、1〜8個の投与ステーションを制御します。オペレータインターフェイスには5.7インチSiemensタッチスクリーンを搭載しています。プロフィバスまたはイーサネットインターフェイスが利用可能。

  • ステンレス構造
  • インバーター付きモーターでの制御
  • PLCシーメンスS7 200搭載の制御ボード
  • ギアモーターで制御されるミキサー
  • 保護ボックスに設置されたロードセル
  • 調節可能な支持脚
  • スタティックミキサーを装備